沿革ENGLISH

沿革 住友信託銀行

1925年 7月 信託業法に基づき住友信託株式会社の商号にて設立(資本金2千万円)
9月 信託業並びに担保附社債信託業免許にて営業開始(本店:大阪市東区淡路町)
1948年 8月 社名を富士信託銀行株式会社と改称し、普通銀行業務を開始
1949年 5月 大阪証券取引所、東京証券取引所へ上場
1950年 4月 外国為替業務を開始
1951年 7月 証券投資信託第1号を受託
1952年 6月 社名を住友信託銀行株式会社(現社名)に改称
6月 貸付信託の募集取扱開始
1957年 3月 退職年金信託第1号を受託
10月 宅地建物取引業の登録
1958年 11月 証券代行業務を開始
1962年 7月 本店を住友ビル(大阪市中央区北浜)の現在地に移転
1978年 7月 住友信託財務(香港)有限公司(連結子会社)を香港(現中華人民共和国香港特別行政区)に設立
1981年 6月 「ビッグ」(収益満期受取型貸付信託)の取扱開始
1984年 3月 わが国で第1号の土地信託を受託
1985年 4月 スミトモ トラスト アンド バンキング(ルクセンブルク)エス・エー(連結子会社)をルクセンブルク大公国に設立
12月 「ヒット」(1年据置型金銭受託)の取扱開始
1987年 9月 スミトモ トラスト アンド バンキング カンパニー(ユー・エス・エー)(連結子会社)をアメリカ合衆国に設立
1989年 7月 ロンドン証券取引所に株式を上場
1999年 6月 執行役員制度の導入
9月 「すみしんi-Station」(新しいタイプの小型店舗)の展開を開始
2000年 4月 事業部制の導入
6月 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社を株式会社大和銀行(現株式会社りそな銀行)と共同で設立
6月 信託銀行初のインターネットバンク「住友信託ダイレクト」開始
8月 大和インターナショナル信託銀行株式会社、すみぎん信託銀行株式会社を合併
10月 総合不動産投資顧問業に登録
2001年 1月 ビジネクスト株式会社をアイフル株式会社と共同で設立
2002年 5月 人事サービス・コンサルティング株式会社を松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)、花王株式会社他数社と共同で設立
9月 日本TAソリューション株式会社(連結子会社)を日本証券代行株式会社と共同で設立
9月 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(関連会社)に三井トラスト・ホールディングス株式会社(中央三井トラスト・ホールディングス株式会社)が出資
10月 個人年金保険の取扱開始
2004年 4月 定期預金「グッドセレクト」の取扱開始
10月 投資一任契約に係る業務を開始
12月 証券仲介業に参入
12月 日本ペンション・オペレーション・サービス株式会社(関連会社)をみずほ信託銀行株式会社と共同で設立
2005年 4月 松下リース・クレジット株式会社(現住信・パナソニックフィナンシャルサービス株式会社)の議決権の66%を取得し連結子会社化
11月 ファーストクレジット株式会社の全株式を取得し連結子会社化
12月 住信不動産投資顧問株式会社設立
2007年 3月 住信リース株式会社を株式交換により連結子会社化
5月 ライフ住宅ローン株式会社の全株式を取得し連結子会社化
2008年 2月 バークレイズ・グローバル・インベスターズ信託銀行株式会社を吸収合併
3月 住信リーシング&フィナンシャルグループ株式会社(連結子会社)を新設分割により設立
2009年 7月 邦銀で初めて中国資本市場における適格外国機関投資家(QFII)ライセンス取得
10月 日興アセットマネジメント株式会社の株式の98.55%を取得し連結子会社化
11月 中央三井トラスト・ホールディングス株式会社との経営統合について基本合意
2010年 8月 中央三井トラスト・ホールディングス株式会社との経営統合に関する株式交換契約及び経営統合契約を締結
12月 臨時株主総会において、中央三井トラスト・ホールディングス株式会社との株式交換契約を承認決議
2011年 4月 中央三井トラスト・ホールディングス株式会社との株式交換により経営統合し、「三井住友トラスト・ホールディングス株式会社」発足
12月 三井住友トラスト・ホールディングス株式会社傘下の中央三井信託銀行株式会社、中央三井アセット信託銀行株式会社及び住友信託銀行株式会社が合併契約書を締結
2012年 4月 中央三井信託銀行株式会社、中央三井アセット信託銀行株式会社及び住友信託銀行株式会社の合併により、「三井住友信託銀行株式会社」発足

このマークがついているリンクは外部のウェブサイトに遷移します。

ページタイトルに戻る